トップ > 昨年比512%のインバウンド向けキャンピングカーレンタル! 英語/中国語/韓国語対応カーナビゲーションを Japan C.R.C.が導入開始

昨年比512%※のインバウンド向けキャンピングカーレンタル!
英語/中国語/韓国語対応カーナビゲーションを!
Japan C.R.C.が導入開始 (※当社実績)

 

キャンピングカーレンタル大手の「ジャパンキャンピングカーレンタルセンター(JAPAN C.R.C.)」は、外国人ドライバーにも使いやすい多言語に対応するカーナビゲーションシステムを2018年6月15日より導入します。行き先を音声で案内するだけでなく、道路標識の翻訳機能も有しており、外国人ドライバーの快適かつ安全運転をサポートいたします。

 

「多言語カーナビ」を導入する背景
2017年には3000万人にも迫る訪日外国人の出身国・地域は中国、韓国、台湾、香港など東アジアが多く、全体の7割を占めています。 JAPAN C.R.C.の訪日外国人へのキャンピングカー貸し出し実績でも、2018年度は前年の5倍以上の勢いで利用客が増加し続けています。今後も多くの訪日外国人がキャンピングカーをレンタルして旅行を楽しむスタイルが定着するものと思われます。 しかし、従来の日本語専用カーナビは、母国語が日本語でない訪日客には非常に敷居の高いものでした。レンタカーを引き渡す際、日本語でのコミュニケーションが苦手なお客様に操作方法をお伝えすることは難しく、また肝心な操作が日本語での表示・入力となるため、結局カーナビゲーションシステムを利用されずにキャンピングカーを返却される外国人のお客様も多くいらっしゃいました。

 

導入第1号車は北海道 新千歳空港C.R.C.から
訪日外国人観光客が急増中の北海道を拠点とする 新千歳空港キャンピングカーレンタルセンター(新千歳C.R.C.)の車両から、多言語対応したカーナビゲーションシステムを導入します。北海道は国内でも屈指のインバウ
ンド観光客急増エリアであり、夏休みシーズンには既に多くの外国人観光客の予約が埋まっています。広大な北の大地を訪日外国人の方々がこれまで以上に快適で安全にドライブを楽しめるものと期待します。

今後は北海道以外にも外国人観光客への貸し出し実績の多い東京、沖縄、成田、横浜、岡山、青森の拠点に展開していく予定です。

 

新千歳空港C.R.C.

URL: https://japan-crc.com/shinchitose


多言語カーナビ搭載車種「TOYOTA グランドハイエース ジパング」
多言語対応カーナビゲーションシステム

今回搭載する多言語対応カーナビゲーションシステムは、日本語だけでなく、訪日外国人の出身国・地域の上位をカバーする、英語、中国語(繁体字、簡体字)、韓国語に対応しています。

画面表示や音声案内を外国語に切り替えることにより、外国人の運転手の操作性を高め、運転中のアシストもより確実に行われることになります。

 

◆多言語対応の地図画面(英語、韓国語、中国語(繁体字・簡体字)による画面表示)

 

◆エンジン始動で自動的に立ち上がる多言語対応「ご利用ガイド」

 

テキスト・画像・動画で日本交通ルールを説明 事故発生時の対応方法

 

道路標識を多国語字幕で説明 訪日客にありがちな逆走への注意喚起

 

◆道路標識の「翻訳機能」

例えば一時停止交差点に近づくと、音声と共に画面に外国版の標識が表示される「サポート機能」。

 
ジャパンキャンピングカーレンタルセンター(Japan C.R.C.)サービス概要
「Japan C.R.C.」は、東京キャンピングカーレンタルセンターをはじめ、新千歳C.R.C.、青森C.R.C.、成田C.R.C.、横浜C.R.C.、大阪C.R.C.、岡山C.R.C.、沖縄C.R.C.をグループ傘下に収める日本最大級のキャンピングカーレンタルサービス。
はじめての方でも手軽にキャンピングカーの魅力を体験でき、行き先、用途、ご利用人数に合わせ、お好みの車種をお選びいただけます

 

【キャンピングカーのご予約・詳細はこちらから】
Japanキャンピングカーレンタルセンター(Japan C.R.C.)
URL: https://japan-crc.com/
メール:info@japan-crc.com
電話: 050-3538-0734

東京C.R.C.では都内近郊からもアクセスの良い恵比寿・二子玉川・明大前で発着が可能な他、川崎(神奈川)・草加(埼玉)ガレージでもレンタル・返却ができます。