トップ > 「東京C.R.C.」 キャンピングカーレンタルに関する調査結果発表

「キャンピングカーとペット」第一回首都圏調査
ペット同乗ランキングは世田谷区を抜いて港区が第一位に!
人気の旅行先は山梨、千葉、長野がベスト3

株式会社ファインシード(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:頼定 誠)と「東京キャンピングカーレンタルセンター(東京C.R.C.)」<http://tokyo-crc.com>は、「東京C.R.C.」のレンタル利用者515名のデータを元に、キャンピングカーレンタルの利用属性に関する調査を実施いたしました。

 

【 調査結果トピックス 】
1. ペットと一緒にレンタルする利用者は7組に1組。港区在住者のペット同乗利用が第一位
2. 利用者の6割が30~40代
3. 利用者の3/4がキャブコンタイプをレンタル
4. 2泊3日が主流、10組に1組が5日以上の長期レンタル
5. 目的地は首都圏から2~3時間程度で行ける場所が人気

 

【 調査概要 】
調査対象:東京キャンピングカーレンタルセンター(東京C.R.C.)利用者
調査対象期間:2017年1月01日~2017年7月31日
調査数:515

 

1. ペットと一緒にレンタルする利用者は7組に1組。港区在住者のペット同乗利用が第一位
東京都にお住いの利用者のうち、約7件に1件がペットと一緒にレンタルという結果になりました。これはペットと一緒に泊まれる宿が少なく、予約が取りにくいということが影響していると考えられます。
また、ペットと一緒にレンタルする利用者を東京都に限定した市区町村別に見た場合、件数が一番多い市区町村は、港区在住の利用者で全体の26%を占め1位となりました。

 

2. 利用者の6割が30~40代
キャンピングカーレンタル利用者年齢を調査したところ、40代の利用率が36%と最多となりました。
以下20代が28%、30代が22%と続いています。利用人数は4名~5名での利用が約半数を占め、以下2名、3名での利用者と続いております。
また、男女別では、8組に1組の割合で女性がレンタルしているという結果になりました。この背景には、キャンピングカーで女子会ならぬ“女子旅”をするという最近のトレンドの影響が考えられます。

 

 

3. 利用者の3/4がキャブコンタイプをレンタル
キャブコンタイプとバンコンタイプのどちらをレンタルする傾向にあるか、という調査では、キャブコンタイプ76%、バンコンタイプ24%という結果となりました。購入では人気の高いバンコンタイプですが、レンタルではキャブコンタイプのほうが借りられる傾向にあります。普段使いするには車高が高く小回りの利きにくいキャブコンタイプでも、レンタル利用なら使いやすい行き先を自由に選んで出かけられるという理由等から、キャブコンタイプの車両が選ばれやすいと推測されます。
車種別では、ハイエースベースの人気が高く、続いてサイズが小さめなトラックベースの人気が高いことが判明しました。

 

 

4.  2泊3日が主流、10組に1組が5日以上の長期レンタル
利用者のレンタル期間はどれくらいかという調査では、2~3泊での利用が62.3%となっております。
また、10人に1人は5日以上の長期で利用している結果となりました。長期レンタルでは外国人のご利用も多く、例えば、台湾の方が富士山や草津温泉など、様々な観光スポットを回るために長期でレンタルする傾向があります。
※グラフは省略

 

5.  目的地は首都圏から2~3時間程度で行ける場所が人気
利用者の目的地では、富士山への観光やキャンプ施設の利用などを理由に山梨県が18.1%と最多になりました。次いで、千葉県が16.6%で2位、長野県が14.5%で3位と、首都圏内から2~3時間で行ける県が上位を占める結果となりました。

■東京キャンピングカーレンタルセンター(東京C.R.C.)サービス概要
「東京C.R.C.」は、恵比寿をはじめ、川崎、越谷、草加、成田、大阪、岡山に拠点を持つ日本最大級のキャンピングカーレンタルサービス。はじめての方でも手軽にキャンピングカーの魅力を体験でき、行き先、用途、ご利用人数に合わせ、お好みの車種をお選びいただけます。

 

本リリースに関するお問い合わせはこちらまで
株式会社ファインシード
キャンピングカーレンタル事業担当:吉田 contact@fineseed.net
TEL:03-5766-1770  Fax:03-5766-1780