次世代ヘルスケア検査サービスを提供する 株式会社ファインシードが、動物病院と飼い主を結ぶ 「ペット手帳」を運営する株式会社stepdaysに出資

遺伝子検査や腸内フローラ検査等の次世代ヘルスケア検査サービスを提供する株式会社ファインシード(本社:東京都港区、代表取締役社長:頼定 誠)は、動物病院と飼い主を結ぶプラットフォーム『ペット手帳』を運営する株式会社stepdays(本社:東京都港区、代表取締役社長:実吉 賢二郎)に出資を実施したことを2020年9月30日付けでお知らせ致します。

■出資の背景
 コロナ渦において、在宅勤務やテレワークが普及しペットの存在がより身近になり、また人との繋がりが制限される中、家庭内におけるコミュニケーションと共にペットに癒しを求める等、飼い主の新たなペット需要が高まってきています。また、ペットを家族の一員と考える飼い主が広がると同時に、ペットの健康への意識、とりわけ未病への関心も高まっています。そこで次世代ヘルスケア検査サービスを提供する当社では、ペット向けの検査サービスの開発を視野に入れ、動物病院と飼い主を結ぶプラットフォーム『ペット手帳』を運営する株式会社stepdaysへの出資を決定いたしました。

■出資による今後の展望
 株式会社stepdaysが強みとする動物病院とのネットワーク・CRMマーケティングのナレッジと、当社の強みであるサービス開発力のシナジーにより、飼い主のニーズにマッチしたペット向けヘルスケアサービスを開発・提供をしてまいります。今後は、「ペット向け遺伝子検査」や「ペット向け腸内フローラ検査」などをローンチ予定であり、両社協力のもと、飼い主の皆様が愛するペットと安心して暮らすことができるサービスを提供してまいります。

■株式会社ファインシードについて
2004年設立。「まだ世の中にないサービスを創る」ことをモットーに、ヘルスケア事業、メディア事業、スポーツ教育事業と幅広い事業を展開。ヘルスケア事業では、個人向けの遺伝子検査サービス『遺伝子博士』、腸内フローラ検査サービス『腸内博士』を開発・運営しています。

■株式会社stepdaysについて
2019年設立。「生活者と医療機関と企業をつなぐプラットフォームサービスを創る」を企業理念とし、飼い主がかかりつけの動物病院と繋がり、病院からのお知らせやメッセージを受け取ることができるスマートフォンアプリ「ペット手帳」の展開を通じて、動物病院のCRMマーケティング支援等に取り組んでいます。