トップ > ファイン・ファーム事業(こっそり農遠)

bar-04

■『こっそり農遠とは』

農園を区画オーナーとしてユーザーが登録し、スマートフォンを通して農作物をライブカメラで閲覧できるサービスです。区画でできた農作物は実際に収穫され、産地直送で受け取ることができます。

 

■「こっそり農遠」3つのポイント

どこでも本物の区画を持つことができる

 

どこでも区画のライブ映像が見られる

 

どこでも作物の出荷指示が出せる

 

コンセプト: 「スマートフォンで手軽にIoT農業を」

今話題のIoT農業を、スマートフォンひとつで気軽に行うことが出来ます。

農園には、ネットワークやカメラ・各種センサーが設置されているので、天気や農園の温度・湿度・二酸化炭素濃度などの情報を、クラウドを通してリアルタイムで確認することが出来ます。

IoT_img_460

 育てる作物

高級ブランドいちご『晴れ娘』

難波ファーム(岡山県岡山市)

毎月1ケース(2パック)単位お届け

期間:11月~5月

価格:2,980円(税別・送料込み)

 

 

高級ミニトマト『ジュリエッタ』

みつファーム(岡山県岡山市)

毎月1ケース(24粒)お届け

期間:11月~6月

価格:1,980円(税別・送料込み)

 

 

高級『清流あわび』8

es株式会社(岡山県・西粟倉村)

約8cmから飼育し、4個お届け

期間:12月~5月

価格:15,800円(税別・送料込み)

 

 

bar_nouen03-02

サービス第一弾:岡山のイチゴ遠隔栽培(岡山県岡山市北区高松) 
株式会社難波ファームのHPはこちら

bar-02
『農業3.0』と『地方創生』は非常に密接な関係があります。

ニュースメディア等で農業就業人口が減少していると言われて久しいですが、都心に住んでいる人にとっては、その実感は無いし、農業経験者も皆無です。

『農業3.0』とは地方創生に向け、大都市圏在住の人がスマートフォンを利用し、もっと身近に、もっと手軽に農業を体験できるIoT農業です。

※IoT=Internet of Things

またファインシードの『農業3.0』事業では、各地方自治体のポスト特産物の提案やそのブランディングも支援させていただきます。