トップ > 年間約500個のみ収穫!!晴れの国岡山が誇る幻の超高級マスクメロン 新ブランド『サムライメロン』誕生

年間約500個のみ収穫!!

晴れの国岡山が誇る幻の超高級マスクメロン

新ブランド『サムライメロン』誕生

 

農業IoT、ビューティー事業など、「未だ世の中に無い新ビジネスモデルとサービスを開発・提供」している株式会社ファインシード(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:頼定 誠)は、柏野農園(岡山市北区足守)と共同開発中の、足守産新ブランドメロン『サムライメロン』(2016年7月中旬販売予定)のブランディングと販売サポートを行うことをお知らせいたします。

 

足守産新ブランドメロン『サムライメロン』とは

『サムライメロン』は晴れの国と呼ばれるほど天気が良い岡山市足守で生産された幻のマスクメロン。その中でも50年間メロンを作り続けている柏野農園でのみ収穫される超希少な高級メロンです。収穫期間は7月上旬~9月上旬にかけての約2カ月間。一つ一つ丁寧に育て、厳選されたメロンのみを『サムライメロン』として収穫。年間平均収穫量は約500個と、大変貴重なメロンです。


サムライメロン ロゴ       現在のサムライメロン      サムライメロンキャラ

 

■『サムライメロン』誕生の由来

足守地区(岡山市北区)は侍屋敷をはじめとする歴史的にも貴重な建築物が立ち並ぶ土地です。

また、1601年太閤秀吉の正室北政所(ねね)の兄、木下家定が領地を移したことでも知られます。

2万5千石を領有して姫路城主だった木下家定は、関ケ原合戦に際して北の政所を守護して中立を採り、合戦の後、備中国足守に所領替となりました。

ここより足守藩主木下家が始まり、家定の子孫が明治維新まで13代にわたって藩主として、足守陣屋町の整備に尽力しました。

このメロンを食べた人に、「侍のように向上心が高く信念を持つ人になっていただきたい」という農園主の思いを込めて、足守アールス系メロン『サムライメロン』が誕生しました。

 

サムライメロン3

足守川                                                             旧足守藩侍屋敷

 

■半世紀もの歴史ある柏野農園

柏野農園は、岡山市北区足守地区にて、ホタルが生息するほど、空気と水がきれいな土地で、50年間にわたりメロンを作り続けているメロン農家です。栽培するメロンはアールス系メロンという品種で、口に含むととろけるような甘さで有名なメロンです。

柏野農園のメロン職人は、メロン一つ一つの温度、湿度を徹底管理し、甘さ、香り、美しいネットを作り出す、メロン栽培のプロフェッショナルです。

 

サムライメロン6

柏野農園                                                    メロンハウス

 

■農作物のブランディング事例について

ブランディング第1弾は、岡山市にある「難波ファーム」のいちごです。

「晴れの国おかやま」にある、広大ないちご農園で、「難波ファーム」が独自栽培を行い開発した、国内最高クラスのいちごを、『晴れ娘』(※登録商標出願中)として、日本のいちご業界にデビュー致しました。

 

■ブランディング成功のきっかけ

『晴れ娘』ブランド化にあたり、ファインシードでは2015年11月23日(祝)に『晴れ娘』イメージキャラクターを地

元岡山県出身である候補者からオーディション形式にて決定致しました。

 

初代「ミス晴れ娘」に選ばれた大学三年生 赤木 麻友(あかぎ まゆ)さんは、現在放映中の『こっそり農遠』TV CM「わたしを見て編」に出演中です。

オーディション並びにTVCMが話題となり、いちごのブランド認知拡大にも成功しております。

 

晴れ娘オンラインショップ:haremusume.jp

 

 

本リリースに関するお問い合わせはこちらまで

株式会社ファインシード 担当:斎藤 contact@fineseed.net

TEL:03-5766-1770  Fax:03-5766-1780